人気ブログランキング |

アルテカ野村紘一の従業員のスキルアップについて

不動産会社アルテカの社長として活動する野村紘一は、不況に備えて従業員一人あたりの生産性を高めるために、従業員のスキルアップを徹底しています。具体的には社内のシステムを開発するシステムエンジニアには専門のスクールに通うことを奨励するだけでなく、資格取得や新たな開発を行った従業員に対して奨励金を提供しているのです。それだけでなく、野村紘一は一般事務の従業員や経理の担当者についても同様のスキルアップ対策を徹底しています。具体的には、一般事務の従業員であればエクセルのマクロを使いことができるようにするテストを定期的に実施することで、従業員の作業効率の向上を徹底させるだけでなく、定時で業務を終わらせるようにしているのです。定時で業務を終えることができるようになれば、時間外労働などを渡すことなく事業を展開することが可能になり、不況の状況下であっても会社の財政難を改善させることもできると考えているのです。
野村紘一はこのような、社員一人あたりの生産性を向上させることを重視しています。社員一人あたりの生産性を向上させていくことで、従業員間の職務に対する意識改革を行うことができるようになるのです。さらに野村紘一は、優秀なスキルを保有している中途採用希望者を中心に採用活動を強化しています。自社での手当などの魅力的な制度をアピールすることで、最初からスキルが高い社員を増やすことで、相対的に社員一人の生産性を向上させることが可能になります。また、優秀な社員を外部から招聘して、自社の社員のスキルアップのための講義を行うことで効率的に収益を向上させることを徹底しているのです。以上の点から野村紘一は、自社の経営難の問題を社員のスキルで対応することを重視しています。経済が低迷している状況下では、新規の事業を行ったとしても収益の増加は期待できません。現行の事業の生産性を向上させることで財政問題を解決することができるのです。

# by baiser2525 | 2018-10-19 15:17

消費者のニーズを先読みするアルテカ野村紘一氏

アルテカの創業者である野村紘一氏は日本で初となる「億ション」を販売した人物として、業界内では非常に有名となっています。億ションという言葉はいわゆる物件価格が1億円を超えるマンションの事を指しており、現在では一般的ではありますが販売された当時は考えられないような価格帯でした。
販売した時代は1975年という時期ですので、1億円という高額なマンションはもちろんの事、数千万円という価格でも驚愕な時代でした。そんな中であえて高額なマンションをリリースした事は、大きな決断力も必要だった事でしょう。周辺はあまり売れないだろうという冷ややかな意見もあったようですが、リリース前から大きな話題を呼んでいた事も見逃せません。いざ販売されると野村紘一氏の予想を上回るほどの売れ行きを見せ、完売御礼という大好評となったようです。
このように不動産業界が驚く程の成功を収めた野村紘一氏ですが、その後はこういった高額マンションを中心として都市開発のジャンルにも力を入れています。東京都内の一等地に有名な商業施設を開発した事などをはじめ、多目的ビルなども積極的に展開しているという実に多角的な経営者という側面があります。
これらの事に共通している事は、消費者のニーズを先読みしていかに皆さんが必要とする物件を提供するのか、という方針が見受けられます。億ションシリーズも単に高級感があるだけではなく、利便性やセキュリティ面などにも注力し、多数の付加価値を付けている点が特徴です。この多様な付加価値が消費者心理を満足させており、決して他の企業が真似できないようなクオリティとして完成されているのです。
価格は高額ではありますが、その価格以上にもなる価値を見出だせるような物件という評判を集めています。これらの高級物件はシリーズ化しているマンションですが、同じような物件は2つとなく、それぞれが個性的な味わいを生み出しているという点も注目でしょう。

# by baiser2525 | 2018-10-12 15:16

野村紘一の不動産会社アルテカが選ばれる理由

野村紘一は、東京の高級マンションを多く手掛けている不動産会社アルテカの社長です。1970年代に1億円以上の高級マンションを売り出して一躍有名になった野村紘一は、現在でも不動産業界の先端を走っています。野村社長の不動産会社が選ばれる理由は、外観も居住空間もクオリティが高いからです。
高級マンションの先駆けでもあり、どのマンションも上質な建物になっています。野村社長は、等価交換方式を普及させた立役者でもあります。
等価交換方式はリスクのないハイリターンな手法です。建物が完成した後の高収益率も魅力のひとつとなっています。等価交換システムには様々な特色がありますが、地権者に負担がかからないことも大きな特色のひとつです。
野村社長が提供してきたサービスのノウハウは、煩わしさがなく資金がゼロでも高い資産価値の取得が可能になります。資産は効率よく運用でき、税務対策の効率性アップも期待できます。さらに相続対策もできるため、多くのオーナーに支持されています。野村社長の不動産会社では、直接土地の仕入れを行い土地の活用法についてオーナーと話し合ってマンションの企画を出します。多くの開発を行い、建物商品を作って販売から管理までを行います。
不動産会社にとってはどの仕事も重要ですが、特に重要なのが土地の取得です。土地を所有しているオーナーにとって税金は大きな問題ですが、土地が持っている価値と建物の価値を同等に評価して交換することで税金の負担も軽減できます。等価交換方式は合理的なので、現在では広く認知されています。
野村社長が世に出した等価交換方式に基づき、税に関する法律も施行されます。時代に先駆けた不動産ビジネスは成功をおさめ、野村社長の名声は高まります。
常に時代の先を見据えている野村社長ですが、今後も高級マンションを軸に高い付加価値がついたサービスを提供するとインタビューなどで語っています。
最適な環境を創造してきた野村社長の不動産会社は、就職活動に励む学生にも人気があります。

# by baiser2525 | 2018-10-05 15:16

アルテカ野村紘一の日本経済低迷の対策について

野村紘一は不動産会社アルテカの社長として、社員数百名以上の生活を守っています。近年では経済成長が緩やかになっているだけでなく、新型の肺炎性のウイルスによって世界経済全体が冷え込んでいる状況に至っています。このような状況下では不動産の売買は困難になってしまうだけでなく、分譲だけでなく賃貸を利用したいと考える顧客も限定されてしまうと、野村紘一は考えているのです。この状況下でも収益を上げるために、日本経済の低迷に備えた対策を徹底しています。
具体的には景気の低迷を予想した上で、社員の生活を担保するために内部留保を徹底的に利用することです。内部留保を使用するだけでは、時間経過によって自動的に社内の資金力が低下していきますが、野村紘一はそれだけでなく、経済が低迷していることを逆手に取った経営戦略を打ち出すことで、収益の増加を計画しています。例えば、経済が低迷すると派遣社員等の非正規雇用者が増加してしまいます。そこで、非正規雇用社向けの不動産住宅の販売を展開していくことで収益を手に入れているのです。土地の立地が良好であれば、資金力が限定されていたとしても、収益を手に入れることは容易ですし、安価な賃貸マンションを提案することで、顧客満足度を向上させることもできるのです。
野村紘一は経済が低迷している現状であるからこそ、行動するべきだと考えています。社内の資金を使用して、時がすぎるだけの受動的な考えでは会社をキープしていくことはできないからです。また、会社内の従業員の人材確保についても、可能な限り注意して採用と解雇を繰り返すことで対応しています。実績が不十分な従業員をあぶり出しにすることで、依願退職を募ったり、入社時に具体的な実績を上げていない応募者を事前に採用しないなどの対策を徹底することで、資金の流出を徹底的に防いでいるのです。以上の点から、野村紘一は徹底的に資金力を確保するだけでなく、節約をすることで自社を守っています。

# by baiser2525 | 2018-09-28 15:15

アルテカの野村紘一は億ションの火付け役として知られています

株式会社アルテカは野村紘一が経営している会社で、たくさんのマンションを販売しています。いろいろなシリーズをリリースして、ベルテシリーズなど多くの利用者が使用しています。アルテカは高級マンションの先駆けとして知られていて、高いクオリティの外観や居住空間を利用することが可能です。アルテカは日本初の億ションを作ったことで有名で、高級マンションブームの火付け役でした。
野村紘一の事業に対するアイデアや実行力によって、高級マンションブームが起こります。1975年にはベルテ原宿を開発していて、これは日本の億ション時代の始まりでした。東京都内において3LDKマンションの平均価格として1,500万円だった頃、億単位のマンションを誕生させます。最初はこのような高額マンションが売れるわけがないと言われていましたが、その後日本には億ションと呼ばれるような超高級マンションが多く存在するようになりました。当時マンションはアパートの延長線上のようなイメージがあり、自宅を購入する場合は一戸建てにするという人が多かったでしょう。日本は面積が狭く山が多いので、特に都心などの人気のある土地において自宅を建てるということは敷居の高いもです。
付加価値の高いマンションだとそれを求める人は多く、今では一戸建てと同じく人気のある物件になりました。次第に売れ行きは好調になり、さまざまなメディアにおいて取り上げられるようになります。高級マンションの需要は増加していき、中には一物件あたり30億円というものも出現するようになり、日本の経済発展を象徴するかのような存在になります。日本は高度経済成長を経験し、家電や車などが普及することによっての生活レベルが向上していきましたが、住居はまだついて行けていない状態でした。しかし今では欧米レベルの住居にまで到達していて、おしゃれだったり機能的な物件が多く提供されています。株式会社アルテカは今も業界の先端を走っていて、顧客の要望やニーズに見合った物件を提供し続けています。


# by baiser2525 | 2018-09-21 15:12